地産地消のこだわり

永平寺_地産地消のこだわり

丹精込めて育てた希少価値!永平寺育ちの小麦麺

梅雨のある福井では、本来小麦はそだちません。しかし、福井県立大学生物資源学部の品種改良にて、地場産の小麦が出来上がりました。一切の添加物を加えず、小麦本来の旨みを引き立たせ、こしのあるツルツルとした食感の「極太麺」に仕上げました。
精進料理には昔から「うどんを食す」という言葉があり、うどんのようなしっかりとした噛みごたえで、噛みしめるごとに小麦の甘みや旨みを堪能できます。

くりあんオリジナル!永平寺育ちの小麦麺

味の決め手は天然鮎!くりあん地場産スープ

実り豊かなこの地で採れる、山河の恵みをふんだんに取り込んだ、贅沢な中華スープ。地場産のにんにくや、玉ねぎ、にんじんなどを使用し、九頭龍川で捕れた天然鮎を焼き干しした焼きがらしでダシをとりました。そのほかにも、猪の骨と鶏の旨みを加えてコシを出し、あっさり、さっぱりした極太麺の味を引き出すものに仕上げました。

地場産スープのメニューを見る

九頭龍川の天然鮎や永平寺の野菜をダシに使用

動物系のダシを一切使わない!精進スープ

動物系のダシを一切使わない和風スープは、昆布をふんだんに使用することで、醤油の旨みを引き出し、中華麺との相性を考慮したものに仕上げました。
大本山永平寺の麓ということもあり、精進料理としても食べることのできる、スープに仕上げました。

精進スープのメニューを見る

永平寺ならではの精進スープのラーメン

動物系のダシを一切使わない!精進スープ